忍者ブログ
神界からの贈り物・御神歌
御神歌は、言霊による創造の過程を表す、神とのチャネリング・コミュニケーション。
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     すずなりて

       大和の民の

         こころね(心魂)に

           光、満ち満ち

              きみがよとどろく



古代より連綿とつながってきた大和の国、日本人の魂に、
菊華の花が咲き鳴り、お互いに響き合って、共鳴し、
涼やかなハーモニーを奏で出しました。

そして、それが光となり、宇宙のすべてに満ち、鳴り響き、
神人の住まう世ができたことを知らせています。

天鏡
PR
     五月雨て

       巌も通す

         四魂かな



さざれ来る(ポツポツと一人一人現れた)神人の、
その熱き魂に宿る4つの魂。

その魂の、創始より契られた根源神・皇御親との誓い。

その誓いが、今、神人の全身全霊に蘇り、
厚く、固く、固定されたような旧宇宙の概念・価値観を壊し、
新宇宙を創造する力となってきました。

天鏡

     いとをかし

        さざれし石(意志)の

          力満ち

             巌となりて

                天河(てんが)渡る



一人一人、大和・日本の国の各地から、
神人となるべくものが現れ、

各々の魂から湧き起こる、
その強い意志が満ち満ちて、

それらが今、
一つの大きなアセンションのエネルギーとなり、
宇宙・銀河の高次へと波及し、伝わっていく。

ああ、何と心にしみる、情景だろう!

天鏡
     先いでし

        白羽の舞いの

           翻(ひるがえ)て

              天の橋立ち

                 渡りゆく



先んじて天命を進み歩む巫女らの、
白い衣装が白鳥(しらとり)のように舞い、
新しい国生みの神事を行っています。

イザナギ神・イザナミ神がかつて国生みをされた天橋立にて、
今、新たな世界・弥勒世を創生する神事・神舞が
白装束の巫女らによって執り行われているのです。

天鏡
     さざれ御子(みこ)

       巌となりし

         父の日に

           天(あま)が宴の

             時を記す



それぞれの使命を担った神人の子らが、
力強く守り、その道を切り開いてくれる父の愛に触れ、
母と共に、みな大きな一つの愛・魂の家族となりました。

そのことを、
天の一なる至高の根源も、
全ての神界の神々さまも、
全ての宇宙高次の存在の方々も・・・、
全てが祝い、お祭りとなって、
その時をこの宇宙史に大きく記されました。

こどもの日、母の日が終わり、父の日へ向けて・・。

天鏡
Copyright ©  神界からの贈り物・御神歌  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/13 Rose Mary@那美]
[05/13 nagi]
[05/08 天鏡]
[05/08 さつき@anriです]
[05/07 天鏡]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天鏡
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R